チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説

チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説します。

チャイコフスキーとフォン・メック夫人の面白いエピソード

チャイコフスキーと夫人の奇妙な愛

 

チャイコフスキーとフォン・メック夫人は、

 

やたらと熱い関係でしたが、

 

直接言葉を交わすことはなく、

なんと10年以上、手紙だけの関係でした。

 

 

こちらの記事でくわしく紹介しました。

 

 やや引っ込み思案を克服しきれない時期のチャイコフスキーです。

nmusic.hatenablog.com

 

 大作曲家たちのなかでも1位2位を争うほどの

熱い告白です。

 

nmusic.hatenablog.com

 

 

 

フォン・メック夫人は会いたがっていた

 

夫人のほうは、

とにかくチャイコフスキーに会いたい!という意味の行動をとるのですが、

 

チャイコフスキーがなかなか心を開きません。

 

というか、

異常なくらい、心のからを閉じていたのです。

 

 

実は、チャイコフスキーは一度だけ

フォン・メック夫人にばったり出くわしたことがあります。

チャイコフスキーの人生の中でも、かなりショッキングな出来事のひとつになったようです。

 

 

夫人に直接会ってしまい、うつ病になる

 

それは、1878年

ちょうどチャイコフスキーが夫人の領地を借りて生活していたころ、

 

彼は出かける途中にばったり夫人に遭遇します。

 

 

彼は帽子をちょっとあげてあいさつすると、

すぐに走り去りました。

 

 

その後、彼はショックで食欲を失い、

眠ることもできなくなり、

 

なんとうつ病になってしまいます。

 

弟にあてた手紙で

「昨日私はヒステリーを起こし、一晩中わめいた」

と書いています。

 

 

チャイコフスキーは、夫人になんらかの迷惑が掛かり、

お金を止められたりすることを恐れたのか、

もしくは、

恥ずかしすぎたのか、

 

複雑な気持ちだったようです。

 

 

嬉しかった夫人

 

フォン・メック夫人はこの出来事の直後、手紙をチャイコフスキーに送りました。

 

「あなたは、私に迷惑をかけたと思って謝っているの?

 

私には、あの出会いは素敵でした。

 

 

どれだけうれしかったことか・・・

 

 

あなたは想像できないのでしょう。」

 

 

夫人はこのあとも、チャイコフスキーとの面会を求めますが、

 

応じないチャイコフスキーに徐々にあきらめるようになります。

 

 

チャイコフスキーの女性関係をまとめました

 

プラトニック、奇妙、純情

 

こういった言葉をはるかにこえたチャイコフスキーらしいエピソード満載です。

 

 

nmusic.hatenablog.com