チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説

チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説します。

幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」・ファンタジスタ!チャイコフスキー

チャイコフスキー、幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」

 

チャイコフスキーは「幻想」という言葉がとっても大好きでした。

 

なぜかはわかりませんが、

彼の楽曲には幻想と名の付く楽曲が並んでいます。

 

 

幻想序曲「ロミオとジュリエット

 

幻想序曲「テンペスト

 

nmusic.hatenablog.com

 

 

幻想序曲「ハムレット

 

 

彼の大好きだったシェイクスピア作品につけた音楽は、

すべて幻想序曲というタイトルです。

 

それ以外にも、

 

幻想曲「運命」

 

そして今回紹介する

 

幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」です

 

 

 

フランチェスカ・ダ・リミニの原作は?

フランチェスカ・ダ・リミニ」は

 

ルネサンス時代にイタリアで活躍した、ダンテという大作家がいて、

 

どの彼が書いた詩のタイトルです。

 

 

 

世界史の授業で必ず習うけど忘れがちな、ダンテの長編叙事詩

 

神曲」(しんきょく)という作品があります。

 

これはキリスト教的なまじめな作品なのですが、

現代のわたしたちがみてもけっこうおもしろいです。

 

 

 

作家のダンテ自身が

あの世のひとたちの道案内をうけて、

 

地獄、煉獄、天国という3つの世界を巡るというストーリーです。

 

地獄はこうなっていて、天国はこうで・・・というのが、

かなり詳しく、まるで見てきたように設定されているので、

好きな人はハマるかもしれません。

 

異世界ファンタジーという楽しみ方もできるのではないでしょうか?

 

 

 

そして、この神曲というなかに出てくる詩のひとつが

フランチェスカ・ダ・リミニ」というお話です。

 

 

チャイコフスキーといえば、

ファンタジックな旋律を生かして、

幻想的な雰囲気の曲つくりを得意としていましたが、

 

彼にとっては、まさにうってつけの物語といえたでしょう。

 

 

 

 

フランチェスカ・ダ・リミニ」の音楽的魅力とは?