チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説

チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説します。

人生に大いに悩む・チャイコフスキー36歳

チャイコフスキーがノリノリな時期

 

いよいよ絶頂と絶望の1876、1877年を迎えます。

 

チャイコフスキーは36歳でした。

 

 

 

1876年はチャイコフスキーにとって、もっとも得意げな年でした。

 

 

パトロン現る

 

チャイコフスキーの楽曲に感動し、

チャイコフスキーに資金援助を申し出た未亡人があらわれます。

 

 

チャイコフスキーの活動は

一気に飛躍し、ロシアやヨーロッパ各地での名声も高まっていきました。

 

 

さらに37歳では、

・三大交響曲のひとつ、交響曲第4番をつくる

 

チャイコフスキー交響曲は4番、5番、6番が最高傑作として

残っていますが、

 

そのひとつを人生のど真ん中である36歳で作り始めました。

 

 

これは、ベートーベンやブラームス交響曲にも匹敵する名曲となります。

 

 

 

 

・世界3大バレエ音楽のひとつ、「白鳥の湖」を完成させる

 

チャイコフスキーの三大バレエといえば、

 

白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」です。

 

そして、

 

世界の三大バレエといえば、

 

同じく

白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」です。

 

 

 

なんと、チャイコフスキーバレエ音楽だけで、

世界のバレエ界をカバーしてしまうくらいのすごさがありました。

 

 

これは芸術の歴史のなかでも

異様に優れていることです。

 

 

 

・さらに文豪トルストイと出会い、自作の曲に感動される

 

こちらでまとめています。

 

nmusic.hatenablog.com

 

 

それでも、めちゃくちゃだった時期

 

そんな絶頂期にはいったように見えるチャイコフスキーでしたが、

 

 

私生活ではどんづまりの状態でした。

 

 

ついには自殺を決意してしまうほどまでに衰えてしまいます。

 

 

 

思えば、ベートーベンも32歳のときに遺書をしたためています。

 

モーツァルトは35歳で死んでいます。

 

 

チャイコフスキー37歳の絶望も同じ年代に起こっていますね。

 

 

 

 

・結婚するも、その後の生活がうまくいかない

 

・「白鳥の湖」が初演ではぜんぜん評価してもらえない

 

・その他、いろいろな性格的なことで悩む

 

 

などなど、

 

 

チャイコフスキーの暗い部分が徐々に表れていきます。

 

 

チャイコフスキーの真髄を知るために

 

次回記事からチャイコフスキー

明と暗をそれぞれわかりやすく解説していきます。

 

彼の音楽性に真にせまってみましょう。