チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説

チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説します。

幻想序曲「テンペスト」・チャイコフスキーは文学にも詳しい

チャイコフスキーの文学性「幻想序曲「テンペスト」」

 

チャイコフスキーは文学にも造詣が深く、文学作品に題材を求めた曲も幾つか残している。

 

 

のちに、「戦争と平和」で有名な文豪トルストイと出会ったときなども、

文豪の心をよくつかみました。

 

nmusic.hatenablog.com

 

 

 

特に

シェイクスピアチャイコフスキーが好きだった作家で、

 

作曲家になってすぐに

幻想序曲『ロメオとジュリエット』をつくっています。

(作品番号はありません)

 

 

シェイクスピアに題材を得たチャイコフスキー管弦楽作品の第2作となったこの曲は、

 

33歳のとき、1873年8月から10月にかけて作曲されます。

 

ちなみに、

同年の2月に交響曲第2番モスクワで初演され、ロシア5人組から高い好評を得ていました。

 

nmusic.hatenablog.com

 

 

 

 

チャイコフスキーに作曲を勧めたのは、

5人組の理論的指導者であった評論家のスターソフで、

 

 

 

彼はシェイクスピアのほか

ウォルター・スコットゴーゴリの作品にも候補を挙げました。

 

しかしチャイコフスキーは『テンペスト』の物語に惹かれ、前作『ロメオとジュリエット』に続いてシェイクスピアを選び、3部から成る幻想序曲を書き上げました。

 

 

 

初演は1873年12月19日にモスクワで、

ニコライ・ルビンシテインの指揮によって行なわれ、

交響曲第2番に劣らぬ好評を持って迎えらます。

 

 

ただ、チャイコフスキーは当初「私の最も輝かしい作品の一つ」と語っていたのですが、

 

後になるとこの曲に幻滅を感じていたと伝えられています。

 

「構成がやや平板で、冗長な感じ」だそうです。

 

 

のちにチャイコフスキーを助けることになる

 

チャイコフスキー的にはあまり好きな作品ではなかった「テンペスト」ですが、

 

のちに彼のパトロンになるフォン・メック夫人が彼に援助するのを決めたのは、

 

この「テンペスト」の初演に感動したからだといわれています

 

 

 

そして、

かれの理解者でもライバルでもあった

ロシア五人組リムスキー・コルサコフ

 

「色彩的な響きと抒情的な美しい旋律」と、高く評価しました。