チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説

チャイコフスキーの生涯をわかりやすく解説します。

チャイコフスキーの恋愛・28歳

チャイコフスキーの恋愛事情

 

チャイコフスキーは兄弟姉妹や仕事仲間に恵まれ

 

順調に人生を送っていました。

 

 

しかし、

 

実は音楽家としてデビューして間もないこの時期に

 

かなりエピソード満載な失恋を経験しています。

 

 

そして、この経験をもとに

 

あふれる愛情を詰め込んだ楽曲を作曲しました。

 

(作品番号5:ロマンス「ヘ短調」です。)

 

 

今回は、チャイコフスキーの恋愛事情に

詳しく切り込んでいきましょう。

 

 

 

きっかけはオペラ「地方長官」

 

チャイコフスキー

28歳の年にはじめてのオペラとして

「地方長官」を書き上げました。

 

ハープサルで夏休みを過ごしたり、

大ピアニストとコラボした、

 

おなかいっぱいの年でした。

 

 

「地方長官」も

憧れの脚本家に依頼して

夢のような共演をはたしました。

 

 

そんな幸せ続きのチャイコフスキーは、

オペラをつくる勉強のために

 

モスクワを訪れていたイタリア歌劇団の上演を見に行きます。

 

 

イタリアのオペラですから、

 

派手派手でロマンティックな演出が特徴的な

当時の一大トレンドでした。

 

 

 

このときに、

ソプラノ歌手として出演していたアルト―という女性にビビッときて、一目ぼれします。

 

 

出会って即、結婚を考え、

 

猛アプローチを仕掛けます。

 

 

 

アルト―のほうも、

ロシア皇室もお気に入りの作曲家に対して

いい印象を持っていたようです。

 

もともと公務員として、

いろんな経験をし、人格的にも優れていたチャイコフスキーですから、

こういったこともわりと卒なくこなしていきます。

 

 

そして、ついに結婚式をあげるということを

父親に報告し、その日を待つことになりました。

 

 

チャイコフスキー、突然の破局

ここまで話が進んだのにも関わらず、

 

アルト―はモスクワを去ることになりました。

 

 

すこし雲行きが怪しくなります。

 

 

そして、悪い予感は的中し、

 

なんとその翌年には

 

スペイン人の歌手と結婚してしまいました。

 

 

 

 

チャイコフスキー、突然の破局です。

 

 

 

ここまで話がきていて


フラれるとはどういうことか?

 

 

 

もともとクヨクヨしがちだった性格のチャイコフスキー

大いに悩みます。

 

おそらく結婚はもちろんのこと、

自分のオペラ「地方長官」に出演してもらうことまでも

考えていたのでしょう。

 

その期待がもろすぎるくらいに崩れてしまいました。

 

 

 

オペラ「地方長官」の上演も間近に控えていて、

 

チャイコフスキーはこの時期、

 

非常に厳しい局面を迎えていました。

 

 

この危機をチャイコフスキーはどう乗り越えていったのか?

 

 

次回に続きます。